①まずトースターを十分に予熱することが大切です!

 

②そして高温で短時間焼成(トースターにもよりますが200℃2分半を目安に)します。

 

③もっとも重要なのがパンの表面、裏面に霧吹きで水分を吹きかけることです!!!

 

 

たったこれだけで!!!

普段のトーストが美味しく出来上がっちゃうんです♪

 

外側がカリカリ、サクサクで内部は閉じ込められた水分が残っておりしっとりとしていて、ちょうどいい触感を生み出します。

 

噛んだ時のサクッとした音、たまらないですよね(^^)

 

また、科学的に食パンを高温で焼くと、表面は熱く中は冷たい状態で、表面と内部に温度差が生まれるそうです。

そして温度を均一にするために食パンの中では外側の温まった水分が中央に移動しようとします。

 

 

 

その結果・・・・

焼く前よりも中心部分の温かい水分が増えて、トーストがいつもよりさらに美味しく焼き上がります。

 

パン好きの方は是非試してみてくださいね(^^)

 

 

 

 

1 2