近頃の若い人は、「ヤバい」のことを「ヤバたにえん」というそうだ。なんだソレ!

言葉の乱れは心の乱れ。もっときれいな言葉を使おう!
おそらく感情が自分の許容量を超えてしまうと、興奮のあまり言葉が乱れてしまうらしい。

そのことを私自ら実感した。まさに今日のことだ。

東京・六本木にある「御曹司 松六家」には大変評価の高い和牛ひつまぶしがあるという。

いつか食べたい! と思っていたら、その願いが今日叶った。
それを食べた瞬間に思わず「ヤバたにえん!!」と心で叫んでしまったことを、ここに告白しよう。この味は、お茶漬けのトップメーカー永谷園も嫉妬するレベルである。マジで……。

・いつも売切れ

お店は東京メトロ六本木駅から約3分のところにある。私はここに何度も来たことがある。ウマいと噂のひつまぶしを食べたいと思って、何度か挑戦したがいつも売切れ。ランチ限定30食のため、食べ逃していたのである。

この日は幸い、早くから六本木にいることができたので、ランチ開始時刻の11時30分を少し過ぎたあたりでお店に向かってみると、無事に入店することができた。
とはいえ、私が入った後にすぐに満席。通された席も他のお客さんとの相席だった。相変わらず高い人気を誇っている。


・ランチはこれだけ

ランチのメニューは、極上黒毛和牛ひつまぶし(2000円)のみ。追加の単品鮮魚のお造り(600円)もあったが、この日はすでに売切れとなっていた。メニューの裏にはひつまぶしの食べ方が記されている。これに倣(なら)って食べるとしよう。


・30分も待たずに

オーダーをすると、スタッフは「30分ほどお時間を頂くかもしれません」という。結構時間がかかるとは思ったが、せっかく入店できたのに、諦める訳にはいかない! 当然待つことにした。

混み合っている様子だったので、30分以上かかるのかな? と思ったら、20分程度で出てきた。お、なんか得した気分。これがあの夢にまで見たひつまぶしなのか!

 

 

絶品の黒毛和牛ひつまぶし・・・・
見ただけで胃の中が空っぽになりそうな写真は次のページで!

1 2 3