スーパーカーといえば、イタリアの「フェラーリ」や「ランボルギーニ」、他にはフランスの「ブガッティ」なども挙げられる。

どれも一度でいいから乗ってみたいほどカッコイイが、超個性的なスーパーカーがメキシコに存在した。

みなさんは「VUHL(ブール)」というメーカーをご存知だろうか?

「VUHL」のマシンは、超カッコイイのに加えて、ハンドルを自分でセットしたりするなど、日本の車では考えられない仕様だ。車ファンならずともワクワクするスーパーカーに仕上がっているのでご紹介しよう。

・メキシコ出身のエチェヴェリア兄弟が設立した「VUHL」

まず「VUHL」について簡単に説明すると、同社はメキシコにオフィスを構える自動車のデザイン会社。「VUHL」の公式サイトによれば、社名は「超軽量で高性能の車両」を意味しているらしい。

そんな「VUHL」が開発したマシンが「VUHL 05」と「VUHL 05 RR」だ。

公式のInstagramアカウントで全貌を確認すると……ウヒョー! カッコいいーーー!! 

ワイルドでキレのある印象のフェイスと、深く切れ込んだボディサイドも激ヤバ。
さらに屋根(ルーフ)が完全にないところも、軽量化へのこだわりが感じられてイイ感じだ。知れば知るほど楽しいので、車の仕様を紹介する動画も見てみたら……なんとビックリ!

後部トランクにハンドルが入っていて、乗るときに自分でセット。
しかも、ドアが開かないので、またいで運転席に乗り込んだりもする。
他にも、マスターキーが外にむきだしになっていたりと、とにかく個性的だ。

 

このめちゃめちゃカッコいいスーパーカースペックもヤバい!!
詳細は次のページで!!

1 2