・本当にお金なのか

それからというものの、私はこの2000円札の出しどころをうかがい続けることになる。

さっさと使えばいいじゃん、とお思いになるだろうが、いざこのレア紙幣を使おうとすると、どうもためらってしまうのだ。
これ、本当に出していいの? 2000円として成立するの? 店員さんは普通に受け取ってくれるの? ていうか、これ何なの?

説明が難しいのだが、この紙ペラがお金として通用するという実感がまるで沸かないのである。

子供銀行券をリアルに出しちゃうような感じというか、お金として認識できないというか……。
2000円札を出そうとするたびに、私は得体の知れない罪悪感に襲われる。

・謎の精神的ダメージ

よく少額の会計を5000円札や1万円札で支払おうとして、「すいません、大きいのしかなくて」と、軽く謝りながら出す人は多いと思う。

しかし2000円札の場合、会計がいくらであろうと「なんか、すいませんっした……」と、全面的に自分が悪いです的な気持ちになってしまうのだ。

まさに完全敗北。生まれてきてごめんなさい状態である。

・悲しみの2000円札

また、レジによっては2000円札の居場所がなかったりもする。

私がアルバイトをしていた店のレジは1000円札、5000円札、1万円札はもちろん、1円玉にさえ入れるスペースが用意されていた。が、2000円札にはそんな場所など割り当てられない。

小銭のストックなどを入れる場所に、無理やり詰め込むしかないのだ。

そんな扱いだから、お釣りとして使われる機会など皆無。

翌日、売上金として入金されるのをただ待つだけである。シフト交代のたび「2000円札入ってます」「2000円って(笑)」とバイトにいじられまくる2000円札の姿からは、家族にないがしろにされる中年サラリーマンのような深い哀愁を感じてしまう。

・正直いらない

しかし、それでも積極的にいらないのが2000円札なのだ。

ドラマに出てくる熱血教師は、世の中にいなくていいヤツなんていないんだ!

と吠えるかもしれないが、いや2000円札だけはなくてもいいだろ! と思ってしまうのは私だけだろうか?

1 2