黒い悪魔・ゴキブリ。カサカサとスピーディーに動きまわるその姿を想像しただけで鳥肌が立つ人も少なくないだろう。

できれば2度と会いたくはないものだ。

ところで、ゴキブリと言えば汚部屋には付き物のイメージがあるが、ゴミだらけの汚部屋に住んでいるこの方は4年ほどゴキブリに遭遇していないそうだ。

それには明確な理由があり、超お手軽な「とある対策」をしてからぱったり姿を見なくなったのだ

本記事では誰もが知りたいだろう、その「とある対策」をお伝えしたい。

・トラウマ

まず、このマンションは鉄骨の3階建て、この部屋は2階角部屋だ。
2階はこだわったポイントだそうで、実はここに越してくる前は1階に住んでいて、夏は毎年必ずゴキブリが出ていたそうだ。

接地していない2階以上ならまだマシだと考えたのである。

にもかかわらず、住み始めて1年目、2年目はデカイゴキブリが出た
特に2年目なんて、電気を消して寝ていたら、頭のすぐ後ろで音がして、携帯で照らすとぼんやりした光の中にゴキブリが浮かび上がるというトラウマ級のイベントが発生。
その年、夏が終わるまで電気を消して寝られなくなったそうだ。

こだわったのに、ゴキブリに悩まされる生活から逃れられなかった彼。

どうやったらゴキブリが出なくなるかを必死で考えた。
そして、試行錯誤の末、たどり着いたのが今回お伝えする対策。キーワードは2つ「5月」と「隙間」だ

まずは、5月。これはゴキブリ対策をする時期である。

ゴキブリは出てからでは遅い。会わないためには、奴らが本調子になる夏を迎える前に叩く必要がある
そこで5月に対策として”あるモノ”を家に置いてみたところ、その年の夏にはほぼ出なくなった!!

 

誰もが気になる・・・黒い悪魔・ゴキブリを自宅に寄せ付けない
“あるモノ”の正体は次のページで紹介・・・!!

1 2 3