スマホのバッテリーがすぐに無くなり、困るようなことってありますよね。

充電を何度もするのは面倒ですし、できるだけバッテリーを長持ちさせたい!

今回はそのコツについてお伝えします。

 

 

反応動作を無効に

 

スマホが知らない間に違う画面になってるといったことありませんか?

それは反応動作が有効になっているからです。

この機能は、画面に触れば音が出たり振動するため必要なものでは

ありますが、触る必要がない時にも誤作動のようなことが起きてしまいます。

そうならないために、必要のない時は、無効にしておくと良いでしょう。

 

 

不必要なアプリはオフにする

アプリが知らない間にバックグラウンドで動いているような場合もあります。

こうなると、スマホバッテリーが減っていく原因になります。

自分でダウンロードした覚えが無いアプリもありますので、オフにする必要

があります。

 

使わないアプリが動いていても気づかない場合は多いです。

現在動いているアプリを確認し、できるだけ不必要なアプリはオフに切り替えましょう。

 

 

節電アプリを使用

 

スマホのアプリの中には節電ができるようなものもあります。

このアプリを使用すれば節電ができるので、バッテリーの減りも

今までより改善できるでしょう!

こういう便利なアプリは調べるとたくさんあります!

 

節電アプリを使ったことにより、充電回数が減るメリットがあるため

うまく活用したいですね!

 

 

まとめ

 

使っていなくても意外と電池は消費されています。

こまめにいらないアプリは削除していく方が良さそうですね。

 

スマホバッテリーを長持ちさせたいけど、細かい設定は苦手…

このような方法以外にも、使わない時にはGPS機能をオフにするとか、

自分なりに考えて使用しましょう!